どこよりも詳しい嵐の活動休止会見!5人が語るファンへの思い

今月27日、夕方のTV各局でジャニーズ事務所のアイドルグループである嵐の活動休止の速報が流れた。民放だけならともかくNHKでも速報が流れたことに驚いた国民は多い。

嵐 無期限活動休止の記者会見概要

新品 愛を叫べ (初回限定盤 CD+DVD) / 嵐 ARASHI

27日、都内で会見を開いた嵐は2020年12月31日をもってグループとしての活動を休止することを発表した。

ことの発端はリーダーの大野智(38)で、以前から「何事にも縛られず、自由に生活がしてみたい」という思いがあり、グループからの脱退、事務所の退所を考えていた。

2017年6月中旬、大野がメンバーを集め思いを伝えると、メンバーはすぐには受け止められなかったが、それから何度も何度も話し合いを重ね活動休止という結論を5人で出したという。

ジャニーズ事務所には2018年2月に報告をし、さらにまた話し合いを重ね6月に最終的な決断に至った。

突然の発表にファンに対して「無責任なのでは?」という記者からの厳しい質問に櫻井翔(37)は

「我々からの誠意は2年近くの時間をかけて感謝の思いを伝えていく期間を設定した。これが我々の誠意です。なのでそれが届くようにこれからもたくさんの言葉をお伝えし、たくさんのパフォーマンスを見てもらい、その姿勢と行動を持って、それは果たして無責任かどうかというのを判断していただければと思っています」と回答した。

また2年という期間について

「時間をかけてたくさんの方に感謝の気持ちを伝えていきたい。テレビ局、スポンサー、お世話になってるスタッフの方は数え切れないほどたくさんいるので、ご説明をし、納得いただけるように説明していきたい、行動していきたいという時間です」ともしている。

リーダーから「活動休止」を聞かされた時どう思ったか?

二宮和也(35)

いや、衝撃でした。僕そんなこと考えてなかったので本当に言われて驚いたんですけど、いろいろ話し合いを進めていく中でやっぱりずっと僕らが言っていたことというのは、4人でも6人でもそれはやっぱり「嵐ではない」と我々はすごく思っているし。

なんていうのかな自分たちのこの「嵐」という世界の中での価値の基準の中で闘っていたグループでもあるので、やっぱり「5人でなきゃ嵐じゃない」だろうと「5人じゃなきゃ100%のパフォーマンスはできないだろう」という中で、今回リーダーのその思いを尊重する形で結論に至ったというのが僕の個人的な目線ですが、みんなで話し合っていく中での決め方ですね。

櫻井翔(37)

このへんみんなバラバラだと思うんですけど、僕も驚きましたね。僕前の日に友達と焼き肉食べてたんですけど、で、グループメールのとこに大野から「話がしたい」という連絡があったわけですよ。

これだけ長い事一緒にいる我々ですから、大野が「話がしたい」ってそのあとの内容を聞いたときに、これはもしかしたら相談というニュアンスよりはある程度意思の固まっているところなんだろうなと僕は個人的に解釈しました。

1番最初はものすごく驚きましたけど、まあ誰か1人の思いで「嵐の将来のことを決めるのは難しいだろうな」という思いがあるのと同時に、「ほかの何人かの思いで1人の人生を縛ることもできない」と思いました。

なぜなら我々は中学生のころに出会ってもう23~24年一緒にいる大切な仲間ですから、どれだけ時間がかかっても、というかむしろどれだけ時間をかけても全員が納得する形の着地点を探していかなきゃならない。で、これはもう僕の役割だろうなとそれはその瞬間に思いました。

(記者:終えたいと言われた時それはダメだと引き留めたんですか?)

いや、そういった意味でいうと引き留めたという立場でもないです。大野の思いを理解したというところで、じゃぁそれで5人の、まぁ僕を主語で言ったらほかの4人の思いをきちんと着地させるのはどこだろうっていうところを沢山時間をかけて探していかなきゃならないなとその瞬間思いました。

松本潤(35)

僕は常々そのグループ活動っていうのを続けることはメンバーの強い意志があって始めてこうグループっていうのは続けられるものだとずっと思っていたので。

まぁそれこそさっきもおっしゃって頂きましたましたけれども、僕らは10周年の時に沢山の方に祝っていただいたり、国立競技場でライブやらせていただいたりとか、また15周年のときはデビューしたハワイに連れてってもらって、ハワイでいろんな人たちにお祝いしていただいたりだとか、本当に素晴らしい景色を沢山見せていただきました。

で、その中で自分たちが本当にいろんなことを経験させていただく中で、「次に何やろう、次に何やろう」ってみんなで話し合って進めてずっときたんですけど、その中で大変だと思うことも正直ありました。

まぁそんな中で、自分たちがいい形であるうちにグループを閉めるっていうことを実際考えたこともあったし、その話をメンバーにしたこともありました。具体的な時期をこの時期にしたいとかそういうことはなかったですけど。

なので、1番最初にリーダーに呼ばれて話を聞いたときに僕は、う~ん、驚きはしませんでしたね。で、そのあとにみんなでいろんな話をする中で、まぁそれぞれの思いもありますし、これからのことを考えたときに、このタイミング2020年で区切りをつけるというのがベストな形なんじゃないかと、僕はそう判断しました。

相葉雅紀(36)

僕はそうですね、初めてリーダーから聞いたときはひっくり返りましたね。まさかと!

(櫻井:ひっくり返ってたね~)

ひっくり返ってたでしょ?

(櫻井:うん、ひっくり返ってた。俺の右にいたんだけど、僕の右でひっくり返ってた。)

ひっくり返ってたでしょ。

(櫻井:うん、覚えてる、それ。)

そうでしょ、そうなんですよ。あの~、ま、こういう生活が当たり前だと1回も思ったこともないですけど、まさかこんなに、こう現実で突き付けられたときは、やっぱ最初は準備がいりましたし、どうにかリーダーと2人でお話しする中でどうにかその嵐を続けていける方法はないのかなっていうこともリーダーにも相談したりもしました。

でもリーダーと、そうですねみんなと何回も話し合いを続けて行く中で、あの~まぁ、ちょっとでも同じ方向をリーダーをずっとつき合わせるのは違うなと思いましたし、やっぱりそこで1人欠けてしまっては2人欠けてしまってはやっぱり嵐としては難しいと思ったので、それこそリーダーのその意見っていうのを納得して、そっちの方向で進めていこうということになりました。

自分の意見を受け入れてくれたメンバーに大野が思うこと

正直本当、申し訳ない気持ちがすごく強いですけど、まぁその「1人欠けては嵐ではない」ということは、5人の中では心の中であったもので、ちょっと勝手ではありますけど、本当にまぁその中で期限を決めて、メンバー個々の思いを僕の中で感じながら2020年いっぱいまで毎日大切に走っていこうかなと思いましたね。

これまでの話し合いの中で印象に残っていることは?

本当に何度も話し合ったんで、話し合いを重ねていく中で最終的に期限と言うか、2020年いっぱいまでと決まったときに、意見や気持ちがまとまってきたときに、メンバーが「最後まで笑っていよいう」と言われたときはまぁ、うん、ヤバかったですね。

正直、素直に申し訳ない気持ちがもちろんある中で、なんて人たちだろうっていうか、単純に「嵐で良かったなぁ」とか、もうなんか言葉にならなかったですね。

リーダーにとって嵐とは?

嵐、んー、もう言葉が難しいんですよねこれ。ま、宝物の何物でもないというか、僕の人生には嵐というものが20年という人生の半分以上が嵐だったんで、もう永遠輝き続けてるものっていう、心の中でも、っていう思いですね。

5人が語るファンへの思いとは?

大野智(38)

本当に突然の報告で申し訳ないという気持ちも含め、やはりなかなか理解するのに時間がかかると思い、僕らの話し合いを重ねての期間、2年間という期間で、いろんなもちろん感情はあると思うんですけども。

やっぱりそれをちゃんと感じながら、この2年間でできるだけファンのみなさんを楽しませることをこれからも考えていくんですけど、たくさん、1日でもムダにせず感謝を返していけたらということを1番考えてますね。

松本潤(35)

そうですね、本当に驚かせることになってしまったのは申し訳なく思ってます。

ですが、今リーダーも言った通り20年までの時間をかけ、そしてまぁ、明日から今日発表させていただいたことで、僕ら自身も前向きに本当に毎日過ごしていきたいと思っているので、まずは自分たちがやっているバラエティー番組とか歌番組に出た際の5人の空気を確かめていただけたら、少しは安心していただけるんじゃないのかなぁというふうにも思いますし、またその中で自分たちの思いというのを伝えていけたらと思っています。

櫻井翔(37)

まぁやはりあの、嵐じゃないと叶えられない夢がたくさんありますし、嵐じゃないと見られない景色が山ほどあると思ってます。

ここから2年かけて5人で一緒に走っていく中で、どうかファンのみなさんも一緒に景色見る為に一緒に走っていただけたらというふうに思っています。

相葉雅紀(36)

そうですね、あの本当に驚かせてしまったことと、申し訳ない気持ちもありますし、ただその、僕らはもう決められた時間、見てくださるみなさんを楽しませる、それにもう全力を尽くしてあと2年間は頑張らせていただきます。

二宮和也(35)

本当に混乱をさせてしまったり、困惑をさせてしまったり、不安にさせてしまったりっていう点に関しては本当にごめんなさいと思っています。

ただ、みんなが言っていたように、楽しく2020年、残り2年近くみんなで一緒に楽しむためにも、ん~、あまり前を向き過ぎずに向き合って2年間いきたいかなと。

やっぱり前を向かれても辛い部分って多分ファンの子たちにはあると思うので、ちゃんとそのファンの子たちの顔を見ながら、向き合いながら僕ららしく楽しい、やっぱ嵐っていいなってふうに思ってもらえるような2年間にしたいかなと思っています。

十分な英気が養えたらまた世界に嵐を巻き起こす?

(松本:これは(この質問は)やっぱ相葉君じゃないすか?)

相葉:え、いやいやいゃ・・・僕はそうデビューの時に世界中に嵐を巻き起こしたいって言って始まった20年なんですけども、まだね実際本当に巻き起こせてないと思うので、これはもうリーダーが同じ方向を向いてくれたときには「巻き起こす」でいいんだよね?

(大野:巻き起こしちゃいますか?)

うふふふ、ね、向いたときにはですけど。いつの日か。

嵐を休止の期間リーダーは何をするの?

(これまで)好きな絵とか釣りは散々させてもらいました。その中で本当にまぁ正直この仕事をしていると、もう先のことが決まっていたりっていう中で、こう自分の中で1回お休みする中で、なんか常に何かを責任とともに、まぁ例えば釣りしてても明日の仕事だとかこういろんなものが(頭に)入ってきてしまっている自分がいて。

それを1回自由になるためには無くすじゃないですけど、それこそお休みをするってことなのかなぁっていう思いもあり。そういう自分にも1回なってみたいなっていう思いもありますね。

だからまぁ例えばそのお休みをいただいて、もちろん最初は多分ゆっくりすると思うんですよ。その中で何か自分のやりたいことが見つかる中で、自由に何も気にせず絵を描いたりするかもしれませんし、なんかちょっとん~、今までとはまた違う、縛られるものだったりを1回払ってみたい。

その時に自分が何を思って何をするのかなぁってとこに興味があるかなって思いですね。

辞めるのではなくお休みになったことについて

あとはそうですね、最初はやっぱりこの決断ってやっぱ自分の中ですごいことだと思ったんで、やっぱり活動を、自分の中で活動を終わらせたいという思いとともに、やっぱり例えば、自分の中でですけど、例えば3年ぐらい1回辞めたいななんてことは自分の中で、そんな都合のいい話は自分の中でないと思ってたんで、なのでやっぱりけじめとしてジャニーズ事務所を辞めることだろうと自分の中で思っていたんで。

で、メンバーと事務所の方々と話していく中で、そこまでする必要ないじゃないですけど「お休みでもいいんじゃない?」っていう言葉が入ってきた中で、あ、そういう形でもよろしいんですかっていうか、その言葉に甘えたというか、そこで着地しましたね最終的には。

最後にひとことずつ

相葉雅紀(36)

そうですね、本当に僕はこの4人に出会えたことに本当に感謝して、その~本当にファンのみなさんには色んな景色を見せていただきました。本当にありがとうございます。

え~あとの2年間っていうのはもう全力で楽しんでいただけるように精一杯頑張らせていただきますので、最後の最後までみなさん、どうか嵐をよろしくお願いいたします。

松本潤(35)

まず皆さま、日曜日の夜にそして発表から時間がない中でお越しいただきありがとうございます。

今自分たちが直接言葉で伝えさせていただいたことが、何よりファンのみなさまにきちんと届いたらいいなというふうに思っています。

え~そしてファンのみなさま、僕らはそれぞれ色んなことを話し合った中で決断を出しました。その中で1番強く思うことは5人がそれぞれに嵐が好きだということ。

その嵐を好きな思いをもってこれから5人で歩んでいこうと思っているので、え~残り2年になりますが最後までついてきてくれたらなと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

大野智(38)

え~本当に急な報告で、もうたくさんの方に驚かせてしまい本当に申し訳ない気持でいっぱいです。

本当に何度も何度も5人で、そして事務所の方々含め一緒に話し合ってきた結果です。なので、残りの約2年ありますけど、本当嵐、僕らでできること、そして僕個人でもできることをこれからみんなで考えながら、残り2年間嵐として走り抜きたいと思っております。なので最後までよろしくお願いします。

櫻井翔(37)

重ねて本日はお忙しい中にこんな夜遅くまで、今日今この会場に入られない記者のみなさんも別の部屋にいらっしゃると思いますけども、本当に夜遅くまでお付き合いいただきましてありがとうございました。

あの~やっぱり嵐はこの5人じゃなきゃ嵐じゃないっていう強い思いがあると同時に、この5人だけでは嵐は作れないというような思いを抱いてます。

今私たちの周りには信じられないほどの数のファンの方々と関係者のみなさまとそしてスタッフ、そんなみなさんに嵐は支えていただいています。

ここからおよそ2年、嵐駆け抜けていきますので、どうか同じ夢を同じ景色を一緒に見ていけたらなそんな、うん、一緒に走っていけたらなというふうに思っております。

これからのおよそ2年間、どうぞ嵐をよろしくお願いします。本日はありがとうございました。

二宮和也(35)

え~思いというものは今みんなが言ったようにそれが全てで、僕も同じく思っています。

だけどそのマインドは常に持ちながら今までと変わらず、この20年間やってきたっていうことが嘘にならないように我々らしく嵐らしく5人で、みなさんと一緒に思い出を作っていけたらなというふうに思っております。

とにかく、もちろんリーダーが発端でこういう決断をしたっていうのはもちろんあるけど、僕ら4人も休むわけで、しっかりときっちりと休めるように、ここから2年間というものは全力で1つ1つの仕事に向き合って自分たちらしい形を残していきたいと思っておりますので、それまで一緒に楽しんでいただけたらというふうに思っております。これからもどうぞよろしくお願いします。

嵐の今後の活動

嵐 アラシ / ALL the BEST! 1999-2009

会見は1時間以上におよび、やや緊張気味の嵐だったが、途中相葉雅紀の天然コメントでメンバーに笑顔が見られる場面もあり、そしてなによりも大野智の晴れ晴れとした表情がとても印象的な会見だった。

嵐の今後の活動は、「ARASHI ANNIVERSARY TOUR 5×20」追加公演が4月13日(土)ナゴヤドームを皮切りにスタートする。追加公演最終日は、12月25日(水)東京ドーム。

この調子だと2019年第70回、2020年第71回の紅白出場および司会もかなり期待されます。

活動休止までの2年間、嵐から目が離せません。

嵐のNHK紅白歌合戦司会 履歴

  • 第69回:櫻井翔
  • 第68回:二宮和也
  • 第67回:相葉雅紀
  • 第65:嵐
  • 第64回:嵐
  • 第63回:嵐
  • 第62回:嵐
  • 第61回:嵐

嵐のNHK紅白歌合戦出場 履歴

  • 第69回:嵐×紅白スペシャルメドレー(10)
  • 第68回:嵐×紅白スペシャルメドレー(9)
  • 第67回:嵐×紅白スペシャルメドレー(8)
  • 第66回:New Year’s Eve Medley 2015(7)
  • 第65回:2014 Thanks Medley(6)
  • 第64回:New Year’s Eve Medley 2013(5)
  • 第63回:New Year’s Eve Medley 2012(4)
  • 第62回:2011紅白スペシャルメドレー(3)
  • 第61回:2010紅白オリジナルメドレー(2)
  • 第60回:嵐×紅白スペシャルメドレー(初)
紅白・芸能ニュース
スポンサーリンク
NHK紅白歌合戦まとめ
タイトルとURLをコピーしました