【第6回】NHK紅白歌合戦の出演者と曲目【1955年】

第6回NHK紅白歌合戦は1955年(昭和30年)の大みそか午後21時15分から23時に行われた。会場は産経ホール。

東京・文京区に後楽園ゆうえんち(現・東京ドームシティ)が開園したこの年、紅組の司会を放送以来初めて男性が務めた。初出場は宝とも子、芦野宏、三浦洸一、ほか。

出演者

司会者

総合司会:石井鐘三郎(NHKアナウンサー)

紅組司会:宮田輝 (NHKアナウンサー)

白組司会:高橋圭三(NHKアナウンサー)

審査員

春日由三(NHKラジオ局長)

吉川義雄(NHKテレビ局長)

市川翠穂(舞踊家)

マヤ片岡(美容家)

岩田専太郎(漫画家)

勅使河原蒼風(華道家)

千代の山雅信(大相撲・第41代横綱)

小山いと子(作家)

吉村公三郎(映画監督)

紅組歌手/曲目(出場回数)

荒井恵子/希望をのせて馬車は行く(2)

宝とも子/インディアン・ラブコール(初)

織井茂子/黒百合の歌(2)

赤坂小梅/おてもやん(3)

川田孝子/狩勝の美少年(2)

大谷洌子/チリビリビン(初)

ペギー葉山/マンボ・イタリアーノ(2)

菊池章子/岸壁の母(5)

宮城まり子/ガード下の靴みがき(2)

池真理子/あなたがくれたオルゴール(4)

小唄勝太郎/お染(2)

長門美保/ハバネラ(2)

江利チエミ/裏町のお転婆娘(3)

奈良光枝/由起子はいつも(4)

松島詩子/夕日の丘(5)

二葉あき子/バラのルムバ(6)

白組歌手/曲目(出場回数)

鶴田六郎/天下の為さん(5)

浜口庫之助/インディアン・ラブコール(3)

三浦洸一/落ち葉しぐれ(初)

鈴木正夫/相馬盆唄(4)

柴田睦陸/ラ・クンパルシータ(初)

笈田敏夫/恋とは素晴らしいもの(3)

林伊佐緒/高原の宿(5)

岡本敦郎/リラの花咲く頃(5)

真木不二夫/空が晴れたら(3)

東海林太郎/義経の唄(2)

藤原芳江/女心の歌(2)

芦野宏/タブー(初)

津村謙/あなたと共に(5)

ディック・ミネ/ダイナ(4)

藤山一郎/ニコライの鐘(6)

応援ゲスト

トニー谷(芸人)

第1回~10回
スポンサーリンク
NHK紅白歌合戦まとめ
タイトルとURLをコピーしました