【第12回】NHK紅白歌合戦の出演者と曲目【1961年】

第12回NHK紅白歌合戦は1961年(昭和36年)の大みそか午後21時から23時40分に行われた。会場は東京宝塚劇場。

ヨーロッパ遠征で22連勝した日紡貝塚女子バレーボールチームが「東洋の魔女」と呼ばれるようになったこの年、東ドイツによってベルリンの壁が構築される。初出場は村田英雄、西田佐和子、坂本九、ほか。

出演者

司会者

総合司会:穂坂俊明(NHKアナウンサー)

紅組司会:中村メイコ (女優)

白組司会:高橋圭三(NHKアナウンサー)

審査員

長沢泰治(NHK芸能局長)

森光子(女優)

仲代達矢(俳優)

和田夏十(脚本家)

土門拳(写真家)

高田元三郎(ジャーナリスト)

大鵬幸喜(大相撲・横綱)

村山リウ(評論家)

勅使河原霞(華道家)

視聴者代表2名

紅組歌手/曲目(出場回数)

朝丘雪路/チャチャで飲みましょう(4)

藤本二三代/花のマーブル通り(4)

中原美紗緒/ボーイ・ハント(6)

水谷良重/ぺピート(4)

雪村いづみ/マック・ザ・ナイフ(5)

松山恵子/恋の三度笠(5)

石井好子/鐘よ鳴れ(4)

西田佐和子/コーヒー・ルンバ(初)

こまどり姉妹/姉妹酒場(初)

花村菊江/木曾の花嫁さん(2)

松尾和子/再開(2)

ペギー葉山/ブリア(8)

江利チエミ/スワニー(9)

美空ひばり/ひばりの渡り鳥だよ(6)

宮城まり子/まり太郎の歌(7)

藤沢嵐子/さらば草原よ(5)

寿美花代/ジャズ・バンド(初)

神楽坂浮子/東京の下町娘(2)

ザ・ピーナッツ/スク・スク(3)

淡谷のり子/マリア・ラオ(8)

坂本スミ子/アロロコ(初)

楠トシエ/石松金比羅道中(5)

森山加代子/シンデレラ(2)

越路吹雪/ラストダンスは私に(7)

島倉千代子/襟裳岬(5)

白組歌手/曲目(出場回数)

神戸一郎/東京ラプソディー(4)

藤島桓夫/波止場気質(6)

芦野宏/カナダ旅行(7)

守屋浩/月のエレジー(2)

アイ・ジョージ/硝子のジョニー(2)

村田英雄/王将(初)

林伊佐緒/恋の幌馬車(11)

平尾昌章/タック・ロック(2)

和田弘とマヒナスターズ/惚れたって駄目よ(3)

三浦洸一/恋しても愛さない(6)

水原弘/禁じられた恋のボレロ(3)

フランク永井/君恋し(5)

三橋美智也/石狩川エレジー(6)

橋幸夫/南海の美少年(2)

春日八郎/長良川旅情(7)

高英男/カミニート(7)

森繫久彌/五木の子守唄(3)

井上ひろし/別れの磯千鳥(初)

ダーク・ダックス/北上夜曲(4)

伊藤久男/メコンの舟唄(10)

坂本九/上を向いて歩こう(初)

ジェリー藤尾/石松野郎の歌(初)

佐川ミツオ/背広姿の渡り鳥(初)

フランキー堺/金色夜叉(4)

三波春夫/文左たから船(4)

応援ゲスト

三木のり平(コメディアン・俳優)

武智豊子(女優)

桜京美(女優)

音羽美子(歌手)

伴淳三郎(コメディアン・俳優)

若水ヤエ子(コメディアン・女優)

林家三平(落語家)

八波むと志(コメディアン・俳優)

渥美清(コメディアン・俳優)

藤村有弘(コメディアン・俳優)

第11回~20回
スポンサーリンク
NHK紅白歌合戦まとめ
タイトルとURLをコピーしました