【第20回】NHK紅白歌合戦の出演者と曲目【1969年】

第20回NHK紅白歌合戦は1969年(昭和44年)の大みそか午後21時から23時45分に行われた。会場は東京宝塚劇場。

アメリカのアポロ11号が人類史上初の月面着陸を達成したこの年、冷凍室を独立させた2ドアタイプの冷蔵庫が発売される。初出場を果たしたのは、いしだあゆみ、奥村チヨ、森山良子、内山田洋とクール・ファイブ、ほか。

出演者

司会者

総合司会:宮田輝 (NHKアナウンサー)

紅組司会:伊東ゆかり(歌手)

白組司会:坂本九(歌手)

審査員

中山卯郎(NHK芸能局長)

菅野義丸(日本万国博覧会協会副会長)

鶴岡一人(NHK野球解説者)

佐藤愛子(作家)

市川海老蔵(歌舞伎俳優)

浅丘ルリ子(女優)

大谷直子(女優)

今井通子(医師・登山家)

佐藤愛子(作家)

平幹二郎(俳優)

視聴者代表8名

紅組歌手/曲目(出場回数)

青江三奈/池袋の夜(3)

いしだあゆみ/ブルーライト・ヨコハマ(初)

小川知子/初恋のひと(2)

カルメン・マキ/時には母のない子のように(初)

越路吹雪/愛の讃歌(15)

奥村チヨ/恋泥棒(初)

水前寺清子/真実一路のマーチ(5)

由紀さおり/夜明けのスキャット(初)

伊東ゆかり/宿命の祈り(7)

岸洋子/夜明けのうた(6)

森山良子/禁じられた恋(初)

島倉千代子/すみだ川(13)

弘田三枝子/人形の家(6)

黛ジュン/雲にのりたい(3)

西田佐知子/アカシアの雨がやむとき(9)

梓みちよ/こんにちは赤ちゃん(7)

高田恭子/みんな夢の中(初)

中尾ミエ/忘れられた坊や(8)

ピンキーとキラーズ/星空のロマンス(2)

ザ・ピーナッツ/ウナ・セラ・ディ東京(11)

佐良直美/いいじゃないの幸せならば(3)

都はるみ/はるみの三度笠(5)

美空ひばり/別れてもありがとう(14)

白組歌手/曲目(出場回数)

布施明/バラ色の月(3)

千昌夫/君がすべてさ(2)

西郷輝彦/海はふりむかない(6)

アイ・ジョージ/ク・ク・ル・ク・ク・パロマ(10)

春日八郎/別れの一本杉(15)

ザ・キング・トーンズ/グッド・ナイト・ベイビー(初)

三田明/サロマ湖の空(6)

デューク・エイセス/筑波山麓合唱団(7)

菅原洋一/潮風の中で(3)

坂本九/見上げてごらん夜の星を(9)

鶴岡雅義と東京ロマンチカ/君は心の妻だから(2)

三波春夫/大利根無情(12)

橋幸夫/京都・神戸・銀座(10)

佐川満男/今は幸せかい(3)

村田英雄/王将(9)

水原弘/君こそわが命(6)

美川憲一/女とバラ(2)

ダーク・ダックス/あんな娘がいいな(12)

内山田洋とクール・ファイブ/長崎は今日も雨だった(初)

フランク永井/君恋し(13)

舟木一夫/夕映えのふたり(7)

北島三郎/加賀の女(7)

森進一/港町ブルース(2)

応援ゲスト

水の江瀧子(女優)、森光子(女優)、林美智子(女優)、黒柳徹子(女優)、金井克子(女優)、藤田まこと(俳優)、なべおさみ(俳優・コメディアン)、ハナ肇とクレージーキャッツ(歌手・タレント)、ザ・ドリフターズ(バンド・芸人)、西山千(日英同時訳者)、井上忠夫(ミュージシャン)、森繫久彌(俳優・歌手)、南敏明(俳優)、関敬六(俳優・コメディアン)、高橋英樹(俳優)、浜木綿子(女優)、瑳川哲朗(俳優)、三遊亭小圓遊(落語家)、月の家圓鏡(落語家)、古今亭志ん朝(落語家)、左卜全(俳優・オペラ歌手)・三浦布美子(女優)、ほか

第11回~20回
スポンサーリンク
NHK紅白歌合戦まとめ
タイトルとURLをコピーしました