【第22回】NHK紅白歌合戦の出演者と曲目【1971年】

第22回NHK紅白歌合戦は1971年(昭和46年)の大みそか午後21時から23時45分に行われた。会場は東京宝塚劇場。

東京・銀座にマクドナルドの1号店が開店したこの年、日清食品が「カップヌードル」をヤマザキナビスコ(現・ヤマザキビスケット)がリッツを発売する。初出場歌手は、南沙織、小柳ルミ子、尾崎紀世彦、五木ひろし、堺正章、ほか。

出演者

司会者

総合司会:鈴木文彌  (NHKアナウンサー)

紅組司会:水前寺清子(歌手)

白組司会:宮田輝(NHKアナウンサー)

審査員

加藤稔(NHK芸能局長)

森戸辰男(文化功労者)

貴ノ花満(大相撲・関脇)

高橋優子(女性騎手)

小野田勇(脚本家)

浪花家辰造(浪曲師)

仲代達矢(俳優)

石田芳夫(囲碁棋士)

樫山文枝(女優)

山口果林(女優)

大場政夫(プロボクサー)

山崎勲(競輪選手)

会場審査員29名

紅組歌手/曲目(出場回数)

南沙織/17才(初)

ピンキーとキラーズ/何かいいことありそうな(4)

和田アキ子/天使になれない(2)

ちあきなおみ/私という女(2)

岸洋子/希望(7)

加藤登紀子/知床旅情(初)

青江三奈/長崎未練(5)

小柳ルミ子/わたしの城下町(初)

藤圭子/みちのく小唄(2)

島倉千代子/竜飛岬(15)

トワ・エ・モワ/虹と雪のバラード(2)

由紀さおり/初恋の丘(3)

朝丘雪路/雨がやんだら(10)

雪村いづみ/涙(9)

伊東ゆかり/誰も知らない(9)

いしだあゆみ/砂漠のような東京で(3)

本田路津子/一人の手(初)

ザ・ピーナッツ/サンフランシスコの女(13)

渚ゆう子/京都慕情(初)

都はるみ/港町(7)

真帆志ぶき/嘆きのインディアン(初)

弘田三枝子/バラの革命(8)

佐良直美/片道列車(5)

水前寺清子/ああ男なら男なら(7)

美空ひばり/この道を行く(16)

白組歌手/曲目(出場回数)

尾崎紀世彦/また逢う日まで(初)

にしきのあきら/空に太陽がある限り(2)

美川憲一/想い出おんな(4)

坂本九/この世のある限り(11)

西郷輝彦/掠奪(8)

デューク・エイセス/いい湯だなメドレー(9)

五木ひろし/よこはま・たそがれ(初)

はしだのりひことクライマックス/花嫁(初)

舟木一夫/初恋(9)

北島三郎/北海太鼓(9)

ダーク・ダックス/白銀は招くよメドレー(14)

菅原洋一/忘れな草をあなたに(5)

フォーリーブス/地球はひとつ(2)

ヒデとロザンナ/望むものはすべて(2)

アイ・ジョージ/自由通りの午後(12)

村田英雄/人生劇場(11)

フランク永井/羽田発7時50分(15)

堺正章/さらば恋人(初)

千昌夫/わが町は縁なりき(4)

三波春夫/桃中軒雲右ェ門(14)

橋幸夫/次郎長笠(12)

布施明/愛の終わりに(5)

鶴岡雅義と東京ロマンチカ/追憶(4)

水原弘/こんど生まれて来る時は(8)

森進一/おふくろさん(4)

応援ゲスト

長谷川一夫(俳優)、柏木由紀子(女優)、コント55号(芸人)、江戸家猫八(物まね・俳優)、ザ・ドリフターズ(バンド・芸人)、富士眞奈美(女優)、石橋正次(俳優)、宝塚歌劇団・雪組メンバー、スクールメイツ(東京音楽学院選抜メンバーグループ)、ポピーズ(歌手)、ワールド・ダンサーズ、菊池剣友会、本多林松栄社中(津軽三味線)、高山愛子バトンチーム、ほか

第21回~30回
スポンサーリンク
NHK紅白歌合戦まとめ
タイトルとURLをコピーしました