【第26回】NHK紅白歌合戦の出演者と曲目【1975年】

第26回NHK紅白歌合戦は1975年(昭和50年)の大みそか午後21時から23時45分に行われた。会場はNHKホール。

タカラトミーから「黒ひげ危機一発」が発売されたこの年、海外へ向けて紅白歌合戦の衛星中継が開始される。初出場は岩崎宏美、ダウン・タウン・ブギウギ・バンド、細川たかし、キャンディーズ、ほか。

出演者

司会者

総合司会:相川浩(NHKアナウンサー)

紅組司会:佐良直美(歌手)

白組司会:山川静夫(NHKアナウンサー)

審査員

根本良雄(NHK放送総局副局長)

三重ノ海五郎(大相撲・大関)

尾上梅幸(歌舞伎俳優)

高橋展子(労働省婦人少年局長)

古葉竹識(プロ野球・広島東洋カープ監督)

大竹しのぶ(女優)

吉永小百合(女優)

三林京子(女優)

視聴者審査員400名

紅組歌手/曲目(出場回数)

岩崎宏美/ロマンス(初)

南沙織/人恋しくて(5)

藤圭子/さすらい(4)

キャンディーズ/年下の男の子(初)

チェリッシュ/ペパーミント・キャンディー(3)

和田アキ子/もっと自由に(6)

桜田淳子/はじめての出来事(2)

佐良直美/オブ・ラ・ディ・オブ・ラ・ダ(9)

森昌子/あなたを待って三年三月(3)

水前寺清子/大勝負(11)

アグネス・チャン/愛の迷い子(3)

青江三奈/神戸北ホテル(9)

伊東ゆかり/わたし女ですもの(10)

山口百恵/夏ひらく青春(2)

西川峰子/あなたにあげる(初)

由紀さおり慕情(7)

森山良子/歌ってよ夕陽の歌を(5)

小柳ルミ子/花車(5)

梓みちよ/リリー・マルレーン(9)

八代亜紀/ともしび(3)

いしだあゆみ/渚にて(7)

都はるみ/北の宿から(11)

ちあきなおみ/さだめ川(6)

島倉千代子/悲しみの宿(19)

白組歌手/曲目(出場回数)

細川たかし/心のこり(初)

郷ひろみ/花のように鳥のように(3)

堺正章/明日の前に(5)

ずうとるび/初恋の絵日記(初)

三善英史/細雪(3)

ダウン・タウン・ブギウギ・バンド/港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ(初)

西城秀樹/白い教会(2)

殿さまキングス/女の純情(2)

にしきのあきら/赤い恋のバラード(6)

村田英雄/無法松の一生(14)

フォーリーブス/ハッピー・ピープル(6)

内山田洋とクール・ファイブ/中の島ブルース(4)

菅原洋一/愛の嵐(9)

三橋美智也/津軽じょんがら節(12)

橋幸夫/木曾ぶし三度笠(16)

野口五郎/私鉄沿線(4)

三波春夫/おまんた囃子(18)

森進一/あゝ人恋し(8)

沢田研二/時の過ぎゆくままに(4)

フランク永井/君恋し(19)

春日八郎/赤いランプの終列車(17)

北島三郎/残雪(13)

布施明/シクラメンのかほり(9)

五木ひろし/千曲川(5)

応援団長

紅組:海原千里・万里(漫才師)、ハナ肇(俳優・コメディアン)

白組:三波伸介(俳優・コメディアン)、笑福亭鶴光(落語家)

応援ゲスト

安奈淳(女優)、榛名由梨(女優)、宝塚歌劇団・花組・月組、小沢栄太郎(俳優)、阿木耀子(作詞家)、東八郎(コメディアン)、伊東四朗(俳優・コメディアン)、ガッツ石松(プロボクサー)、正司歌江/秋野暢子(女優)、三田和代(女優)、大村崑(俳優・コメディアン)、柳家小三治(落語家)、吉沢京子(女優)、スクール・メイツ/菊池剣友会/東京パイピング・ソサエティー/浅草「江」みこし/浅草寺舞保存会/PL MBA、ほか

第21回~30回
スポンサーリンク
NHK紅白歌合戦まとめ
タイトルとURLをコピーしました